訪問看護 〜自宅で家族と過ごす選択〜訪問看護 〜自宅で家族と過ごす選択〜

訪問看護 〜自宅で家族と過ごす選択〜訪問看護 〜自宅で家族と過ごす選択〜

  • 訪問看護のメリット訪問看護のメリット

    訪問看護のメリット訪問看護のメリット

    病気や障がいがあっても、住み慣れた家で暮らしたい」「人生の最期を自宅で迎えたい」と望まれる方が増えています。でも「家族だけで介護や医療的ケアができるだろうか」「一人暮らしだけど大丈夫?」と不安に思うことも多いことでしょう、または、不安を感じることも多いと思います。

    そんな時に頼りになるのが訪問看護です。訪問看護の強みは、地域で暮らす赤ちゃんから高齢者まで全ての年代の方に、関係職種と協力しあって、一人ひとりに必要な支援が行えるところです。

    看護師がお宅に訪問し、健康状態の悪化防止や、回復に向けてお手伝いします。主治医の指示を受け、病院と同じような医療処置も行います。自宅で最期を迎えたいという希望に沿った看護も行います。

  • ご高齢者の方へご高齢者の方へ

    ご高齢者の方へご高齢者の方へ

    病気やケガなどで療養中の方が自宅での生活を安心して快適に過ごせるように、訪問看護師が自宅を訪問して医師の指示のもと、その方の状態にあわせた看護・医療処置などのお手伝いをします。

    健康状態の確認や病状の観察食事・入浴や清拭などの清潔排泄の援助や助言などの排泄やカテーテルなどの医療処置や管理、介護や看護の相談と助言など医療機関や福祉機関との連携や調整を行い生活をサポートしていきます。

  • 小児・母子の方へ小児・母子の方へ

    小児・母子の方へ小児・母子の方へ

    日常生活の中で医療ケアが必要でも、そうでなくてもご本人、ご家族が日々気持ちよく過ごせるように、また負担が少しでも軽減できるよう必要なケア内容や方法を一緒に考えていきます。

    血圧・脈拍・呼吸状態・皮膚状態など疾患に合わせ全身状態の観察を行います。また在宅酸素や経管栄養、人工呼吸器など、医療的ケアを必要とする場合、ご本人・ご自宅の環境に合わせた管理方法の提案を行なっていきます。

    お子様の些細な変化や育児の中の相談など訪問の際に教えてください。子育てをご家族様と一緒に参加する気持ちで関わらせていただきます。お子様が成長していく中での困り事や不安などもあるかと思いますが、関係機関と連携をとりながらお子様・ご家族をサポートしていきます。

訪問看護のサービス内容訪問看護のサービス内容

  • 療養生活の相談・支援

    療養生活の相談・支援療養生活の相談・支援

    どのような治療を受けるのか相談したり、必要な支援を受けることは非常に重要です。訪問看護では、具体的に食事や運動、口腔ケア、排泄介助、洗髪、入浴介助、陰部洗浄などを行います。体調が優れずケアに不安がある場合であれば、訪問介護を利用することで様々なサポートを受けることが可能です。

  • 病状や健康状態の管理と看護

    病状や健康状態の管理と看護病状や健康状態の管理と看護

    患者の健康管理を適切に行い、病状が悪化しないように心身の状態に応じた予防的支援も行ってくれます。少しでも自分でできることを増やすために、自宅における自己管理についてもアドバイスしてくれることもあります。症状の悪化を防ぐためには、看護に加えて自分による努力も欠かせないので、これらも含めて訪問介護では適切なサポートをしてくれています。

  • お薬の管理相談

    お薬の管理相談お薬の管理相談

    病院やクリニックで処方された内服薬の内服確認や作用・副作用の確認を行います。自宅内の環境に合わせた、お薬の管理方法を提案させていただきます。薬剤師が在籍しておりますので、お薬に関する様々な相談を受けることができます。利用者様のご希望がありましたら訪問看護実施にあわせて、薬剤師の同行訪問も実施しております。

  • 医療処置・治療上の看護

    医療処置・治療上の看護医療処置・治療上の看護

    訪問看護では、必要に応じて医療処置や看護サービスを提供してくれます。かかりつけ医の指示を元にしながら、点滴や注射、たんの吸引などを処置を行い、病状の悪化を防いだり日々の生活の送りやすくするためのサポートを行います。また、体調に変化が見られる場合はかかりつけ医と連絡を取り合いながら、適切な処置を施すことも訪問看護の重要な役割です。

  • リハビリテーション

    リハビリテーションリハビリテーション

    リハビリテーションは自力だけではなかなか難しいので、訪問看護でリハビリテーションの支援を行います。日常生活に必要な筋力の訓練や運動能力の回復・維持を目的としたものや、褥瘡や肺炎などの合併症の予防を目的としたものもあります。他にも、日常生活を送る上で欠かせない機能訓練などについて、助言や支援を行ってくれる頼もしい存在と言えるでしょう。

  • 病院から施設への移行支援

    病院から施設への移行支援病院から施設への移行支援

    退院した後に自宅に戻る際や、退院後に施設へ入居する際にも、病院との連携や退院後の在宅生活の準備・指導を看護師が行います。特に、施設への入居の手続きなどは煩雑なので、これらをサポートしてくれるサービスは非常にありがたいでしょう。なお、退院後に在宅看護に移る場合で看護が無いと不安な方であっても、医師の指示書のもと2週間集中して訪問看護を利用できるので安心です。

訪問看護の流れ訪問看護の流れ

  • 訪問看護サービスの利用をご希望の方訪問看護サービスの利用をご希望の方

    訪問看護サービスの
    利用をご希望の方

  • ケアマネージャーケアマネージャー

    ケアマネージャー

    (介入しないケースもあります)
  • かかりつけ医かかりつけ医

    かかりつけ医

  • 訪問看護ステーション訪問看護ステーション

    訪問看護ステーション

  • かかりつけ医かかりつけ医

    かかりつけ医

はじめに、介護保険、医療保険のどちらの区分で訪問看護サービスを受けるかを決めます。まずは介護保険の対象となるかを検討し、対象となる場合は介護保険、対象とならない場合は医療保険で検討というのが一般的です。

介護保険で訪問看護を利用する場合
介護保険の申請を行います。その際に「要介護」もしくは「要支援」の認定を受けてください。その後ケアマネージャーに相談しサービス計画に訪問看護を組み入れてもらいます。

医療保険で訪問看護を利用する場合
介護保険の対象とならなかった場合は、医療保険の利用となります。また介護保険には月間の支給限度額があるため、他の介護サービスを多く使ってしまうと訪問看護が必要なだけ利用できなくなることがあります。その場合にも医療保険の利用となります。

訪問看護の訪問頻度と費用訪問看護の訪問頻度と費用

訪問看護の訪問頻度は、対象の保険が医療保険か介護保険かによって下記のように異なります。訪問回数は利用する方の状態に応じて変わってきますが、がん末期などより頻繁な回数の訪問看護が必要と主治医が判断した場合は、「特別訪問看護指示書」が発行され、週4日以上(回数制限なし)訪問ができます。ただし、特別訪問看護指示書は14日間有効となりますので、期限の延長時には再発行が必要です。

介護保険の場合
利用制限はなく、1回20分、30分、1時間、1時間半の区分がある。必要に応じて選択ができますが、介護保険の支給限度額を超える分は、満額支払う必要があります。

訪問看護にはそれぞれの内容で「単位」が定められており、1単位ごとの金額に応じて料金が決定されます。下記は、介護保険を利用して訪問看護を利用する場合の、1単位を10円とした時の料金表です。実際には地域によって1単位あたりの金額が異なるため、詳しくは利用する訪問看護ステーションに問い合わせてみてください。

介護保険の料金表

介護保険の料金表 時間 料金 自己負担額(1割の場合)
看護師による訪問 20分未満 3,130円 313円
30分未満 4,700円 470円
30分以上60分未満 8,210円 821円
60分以上1時間30分未満 11,250円 1,125円
理学療法士
作業療法士による訪問
1回あたり20分 (A) 2,930円 293円
1回あたり40分(A×2回) 5,860円 586円
1回あたり60分(A×3回)×90% 7,911円 791円
看護師による訪問
時間 料金 自己負担額
(1割の場合)
20分未満 3,130円 313円
30分未満 4,700円 470円
30分以上60分未満 8,210円 821円
60分以上
1時間30分未満
11,250円 1,125円
理学療法士/作業療法士による訪問
時間 料金 自己負担額
(1割の場合)
1回あたり20分 (A) 2,930円 293円
1回あたり40分
(A×2回)
5,860円 586円
1回あたり60分
(A×3回)×90%
7,911円 791円

医療保険の場合
週3回まで。1回30~90分以内。厚生労働省が定める疾病等や特別な管理を必要とする場合は週4回以上、かつ1日に2~3回の利用が可能。医療保険での利用料金については利用できる制度によって金額が異なりますので事業所にご確認ください。

オーダーメイド 訪問看護サービス(自費)オーダーメイド 訪問看護サービス(自費)

「毎月のご利用回数」「滞在時間の上限」「訪問場所」に制約なくご利用いただける自費専門の訪問看護サービスです。

介護・医療保険の訪問看護サービスは、原則居宅(ご自宅などの生活の場)での利用に限られますが、オーダーメイド看護サービスでは居宅以外にも看護師がお伺いいたします。単独のご利用はもちろん、他事業所が提供する介護保険・医療保険適用の訪問看護サービスとの併用も可能です。

※質の高いケア提供のために、ご利用前にケアマネージャーや病院、診療所、訪問看護ステーション等の医療機関からの情報提供を依頼する場合がございます。

【用途の一例】 ご自宅、入院中の一時外出、冠婚葬祭などのイベントや、旅行などのレジャー、有料老人ホームなどの施設

オーダーメイド訪問看護サービスの料金表(自費)

1回のみご利用の場合

利用料(30分未満) 利用者負担
1割負担 2割負担 3割負担
昼間 看護師 4,000円 4,000円 4,000円 4,000円
早朝/深夜 看護師 5,000円 5,000円 5,000円 5,000円
深夜 看護師 6,000円 6,000円 6,000円 6,000円

定期利用(週1回以上・月3回以上) の場合

利用料(30分未満) 利用者負担
1割負担 2割負担 3割負担
昼間 看護師 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円
早朝/深夜 看護師 3,750円 3,750円 3,750円 3,750円
深夜 看護師 4,500円 4,500円 4,500円 4,500円

長時間のご利用の場合

利用料(8:00〜18:00の利用に限る) 利用者負担
1割負担 2割負担 3割負担
3時間 看護師 18,000円=16,500円(10%) 16,500円 16,500円 16,500円
5時間 看護師 30,00円0=25,500円(15%) 25,500円 25,500円 25,500円
8時間 看護師 48,000円=40,000円(20%) 40,000円 40,000円 40,000円
1回のみご利用の場合
利用料(30分未満)/看護師
時間 早朝/深夜 深夜
4,000円 5,000円 6,000円
利用者負担
1割負担 4,000円 5,000円 6,000円
2割負担 4,000円 5,000円 6,000円
3割負担 4,000円 5,000円 6,000円
定期利用(週1回以上・月3回以上) の場合
利用料(30分未満)/看護師
時間 早朝/深夜 深夜
3,000円 3,750円 4,500円
利用者負担
1割負担 3,000円 3,750円 4,500円
2割負担 3,000円 3,750円 4,500円
3割負担 3,000円 3,750円 4,500円
長時間のご利用の場合
利用料(8:00〜18:00の利用に限る)/看護師
3時間 5時間 8時間
18,000円
=16,500円(10%)
30,000円
=25,500円(15%)
48,000円
=40,000円(20%)
利用者負担
1割負担 16,500円 25,500円 40,000円
2割負担 16,500円 25,500円 40,000円
3割負担 16,500円 25,500円 40,000円
  • 延長の場合、30分あたり3000円が発生します
  • 早朝、夜間、深夜、宿泊などの場合はステーションへお問い合わせください。
  • ご利用のサービスに合わせて、別途交通費・宿泊費がかかる場合がございます。
パンフレットパンフレット
ラインコネクト
ラインコネクト

一家に一人、一法人に一人、専門家を。

一家に一人、一法人に一人、専門家を。

人間関係、お家のこと、お金のこと、保険のこと、仕事の相談、事業承継、経営相談、医療の相談、不動産の相談、相続の相談、起業したい、転職したいなどなど。誰にも相談できない悩みをLINEで専門家に相談できるサービス始めました。一家に一人、一法人に一人、専門家を。